住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)

貴方はどちらにチャレンジしますか。

  • 投資信託分配型
  • ■海外ファンドウィークリーレポート+海外投資教材無料プレゼント!


  • 投資信託徹底ガイドを目差して参考情報を整理しています。ここからは投資信託のポイントです。住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)とは、SBIイー・トレード証券株式会社から発売された投資信託のことで、設定・運用は住信アセットマネジメント株式会社が担当しています。
    日本を含む海外の株式・債券・不動産(REIT)にバランスよく投資を行い、資産・地域・通貨の分散投資効果により中長期的に、リスクを低減しつつ安定的な収益確保を目指す商品のことです。
    「愛称:スゴ6」と呼ばれているのは、国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、国内REIT、外国REITの6資産のインデックスファンドに分散されているからです。

    基本資産分配予定比率は、国内資産50%、海外資産50%で、6資産の資産分配予定比率は、国内株式:20%、外国株式:20%、国内債券:20%、外国債券:20%、国内REIT:10%、外国REIT:10%となっています。
    「株式」「債券」「REIT」の動きを表す代表的なインデックスを、基本資産分配比率で合成した指数に連動する投資効果を目指していて、各資産の市場全体の値動きを表しているので、投資効果がわかりやすいのが特徴の1つです。
    2つ目の特徴として、購入時の手数料が0でコストがかからないノーロードファンドというところです。
    手数料はリスクの1つであり、リスクは1つでも軽減できれば投資効果も期待できます。

    また、信託報酬は純資産総額に対して年率0.714%(税込)と1%を下回る水準に設定されており、わずかなコスト差でも運用結果は大きく変わってきます。
    例えば、資産1,000万円を、運用利回り年平均5.5%と仮定して1年複利で、20年運用した場合で比較してみます。
    一般的なファンドの場合、申し込み手数料3.15%(税込み)、信託報酬1.05%(税込み)ですと、20年後の受け取りは2,313万円(年率6.6%)になります。
    低コストの「スゴ6」の場合、申し込み手数料0、信託報酬0.714%(税込み)ですと、20年後の受け取りは2,547万円(年率7.7%)になります。
    わずかなコスト差ですが、20年間で234万円もの差がついてきます。

  • 投資信託分配型
  • ■海外ファンドウィークリーレポート+海外投資教材無料プレゼント!


  • 投資信託関連情報の投資顧問会社情報をまとめています。
    なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
    あくまで、参照程度にお願いいたします。
    (株)スコット
    〒105-0001
    東京都港区虎ノ門1丁目1-12
    投資顧問会社,証券投資顧問業
    03-3593-3231
    35/40/0.541,139/45/16.948

    スタートラスト(株)
    〒103-0007
    東京都中央区日本橋浜町3丁目25-10
    投資顧問会社,投資業
    03-5640-3800

    (株)スターファンド
    〒103-0027
    東京都中央区日本橋2丁目2-3
    投資顧問会社,証券投資顧問業
    03-3510-7575

    スタープランニング(株)
    〒104-0032
    東京都中央区八丁堀1丁目8-6
    投資顧問会社,投資業
    03-3552-5751

    (株)ステーシア
    〒104-0061
    東京都中央区銀座1丁目15-4
    投資顧問会社,証券投資顧問業
    03-5524-0121

    | 投資信託のタイプ | コメント (0) | トラックバック (0) |

    投資信託 7つの卵は投資信託ハッピークローバー - 新着記事

    投資 セミナー

    金 投資

    投資信託 ピクテ

    投資信託 ランキング

    大和証券 投資信託

    住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)へのトラックバック
    住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)のトラックバックURL
    住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)へコメントを投稿

    (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。)